Home>  TotalPages4 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドールショウ45ありがとうございました

2016.01.18 Mon



初の池袋ドールショウとのことでしたが大変な賑わいでしたね。
もう少し空いてから見に行こうと思っていたらいつまでも混雑してて結局他のディーラーさんを見に行きそびれてしまいました。
でも自分の卓にも結構お客さんが来て下さっていたので出かけなかった分対応できたし結果的には良かったかな?

新作rurukoドレスと再販momokoドレスはお陰様で完売しました。ありがとうございました!

次回のイベント参加予定は未定です。
5月と6月のドールショウには申し込みません。
出るとしたら夏以降かな…
スポンサーサイト

momokoビスチェドレスセット不良のお知らせ

2016.01.12 Tue

momokoお買い物大作戦3で販売したmomokoビスチェドレスセットの一部に
スカートの裾をまつっていないものが含まれていたようです。

20160112_matu.jpg

左がまつっている正しいもの、右がまつっていない不良です。
(まつっていないものも接着糸で留めてあるので一見するとわかりにくいかも。糸の有無が見えるでしょうか)
お買い上げ頂いたものがまつっていない不良の場合無償でまつりなおしますので
お手数ですがお心当たりの方は当ブログのメールフォームからご連絡頂けますと幸いです。
(送料も当方負担)
1月17日のドールショウへ現物をお持ち頂いても結構です。

ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

ドールショウ45冬池袋参加します。

2016.01.11 Mon

告知が遅れましたがドールショウ45冬池袋に参加します。
1/6他カテゴリーのC-20「素材のプランタ」です。

今回のラインナップ
201601_dolls.jpg

<新作>
■rurukoスカートの中はフリルがいっぱいドレスセット
【セット内容】ワンピース、アンダースカート、ドロワーズ、ワイヤー締めボンネ 以上4点
価格:5000円
201601_ruruko1.jpg
201601_ruruko2.jpg
201601_ruruko3.jpg
201601_ruruko4.jpg

momokoビスチェドレスセットのruruko版みたいなイメージでデザインしました。
大きく広がったスカートから二段ティアードのアンダースカートと二段フリルのドロワーズが覗いた
夢いっぱいフリルいっぱいなドレスセットです。
コルセットはワンピースに留め付けてあり背中開きを糸ループ+丸ビーズで留める仕様です。
裏地はついていませんが着用時に見えやすい
袖口とスカート裾は共生地が見えるようになっています。
アンダースカートはスナップ留め、ドロワーズはウェストゴムです。
ワイヤー締めボンネのワイヤーは今回はギリギリまで短くしてみました。
真鍮製の金色ワイヤーです。
momokoビスチェセットと同じく、見える部分にミシン目が出ないよう
あちこち手縫いで処理しています。
アンダースカートとドロワーズに使用した赤いボイルがもう廃盤らしく
買っていた分も使い切ってしまったので売り切ったら再販はないです。


<再販>
■momokoビスチェドレスセット
【セット内容】ビスチェ、ジャケット、スカート、アンダースカート、ボンネ、がまぐち風クラッチバッグ以上6点
価格:7000円
(アンダースカートに使用した赤いボイルがもう廃盤らしく
買っていた分も使い切ってしまったので売り切ったら再販はないです)

<再販>
■momokoガーターベルトセット(写真左。黒ストッキングは右モデルが着用)
【セット内容】ブラ、ショーツ、ガーターベルト、白ストッキング、黒ストッキング、ワイヤー締め編み上げリボンボンネ、以上6点
価格:6000円

<再販>
■ワイヤー締めフェザーボンネ
価格:1000円

以上4点が販売物になります。
個数は、新作が5個の予定。
再販は2~3個くらいかな。
よろしくお願いします。

momoko DOLLお買い物大作戦スペシャル3販売物【最終決定】

2015.07.31 Fri

いよいよ明日に迫りましたお買い物大作戦sp3。
販売物に変更などありましたので最終的なお知らせです。

20150612素材のプランタ1
20150612素材のプランタ2
■ビスチェドレスセット
【セット内容】ビスチェ、ジャケット、スカート、アンダースカート、ボンネ、がまぐち風クラッチバッグ以上6点
価格:7000円
個数:5セット
(変更なし)

20150612素材のプランタ4
■ガーターベルトセット(写真左。黒ストッキングは右モデルが着用)
【セット内容】ブラ、ショーツ、ガーターベルト、白ストッキング、黒ストッキング、編み上げリボンボンネ、以上6点
価格:6000円
個数:5セット
(価格と仕様に変更あり。
白・黒ストッキングが付属しますので交換して楽しめます。
あとはリボンが減ったり増えたりミシンで処理していた部分を手縫いにしたりいろいろ変更)

20150612素材のプランタ5
20150612素材のプランタ6

■フェザーボンネ
価格:1000円
個数:10個
(新規追加!)
モデルのもふもふちゃんの頭がさびしかったので急遽作りました。
リアルフェザーを用いた小さなボンネです。
0.2mmの極細ワイヤーを使ったワイヤー締めで留めます。
このワイヤー締め、私が一人で画期的なのではないかと興奮しているのですが
もふもふちゃんみたいな反発力の強い頭でもしっかり固定できて本当に素晴らしいんですよ。
ヘッドドレスなどでよくあるリボンで結ぶタイプが
緩んだりズレたりで苦手な方におすすめです。(私のことですが)
多めに用意しましたのでぜひお手にとってお試しくださいね。

では以上よろしくお願いします。

販売物追記

2015.06.12 Fri



ビスチェセットとガーターベルトセットは同じ生地なので組み合わせて着用できます。

momoko DOLLお買い物大作戦スペシャル3販売物

2015.06.12 Fri

プレビュー用画像を提出したのでこちらでも報告します。

20150612素材のプランタ1
20150612素材のプランタ2
■ビスチェドレスセット
【セット内容】ビスチェ、ジャケット、スカート、アンダースカート、ボンネ、がまぐち風クラッチバッグ以上6点
価格:7000円
個数:5セット


20150612素材のプランタ3
■ガーターベルトセット
【セット内容】ブラ、ショーツ、ガーターベルト、ストッキング、ボンネ以上5点
価格:5000円
個数:5セット

縫製したものの販売ではなく型紙本という形をとるつもりでしたが
自分で縫ってて自分の型紙のいまいち加減にうんざりしたのでやめました笑

■ビスチェドレスセットについて

ステッチが表に出るとなんかカジュアルになる感じがして
今回はエレガントな方向を目指しているので
極力ミシンのステッチが出ないデザインです。

ジャケット、ビスチェ共に裏地はついていませんが襟元や袖口など
着用時に見える部分はつけてあります。

ビスチェは背中のリボン編み上げを締めて着ます。
スカートは糸ループビーズ留め
アンダースカートはスナップ留め

ボンネは針金が入っていて形を整えて乗せるだけの作りです。
多少の動きであれば針金で保持され落ちません。
ビスチェセットモデルのクランベリーティーみたいな髪型であれば問題なく着用できますが
ガーターベルトセットモデルの砂の雫のような広がる力の強い髪形だと浮いてしまいます
(撮影用に糸で保持しています)
ヘッドドレスみたいに結ぶリボンをつけたほうがいいか迷うところですが
リボンってスケール感を損なう(リアル比率よりどうしても大きい)感じがするのでなしで行きたいんですよね~
ヘアピンによる固定も検討したのですがどうもうまくいかず。
仕様変更がある場合は報告します。

がまぐち風クラッチバッグは口金部分は金属ではなく合皮です。
中に針金が仕込んであり開閉しますが、まあ申し訳程度です。

モデルはストッキングを着用していますがセットには含まれません。

■ガーターベルトセットについて

ブラは後ろで糸ループビーズ留め
ショーツも後ろで糸ループビーズ留め
ガーターベルトは後ろで丸カンとリボンで留めます。
ガーターベルトとストッキングも丸カンとリボンで留めてあり長さが調整できます。

ビスチェドレスセットのボンネとガーターベルトセットのボンネは違うデザインです。
(どちらも中の針金で保持します)


では個数をそろえられるようにがんばりますのでよろしくお願いします。

お買い物大作戦スペシャル3参加ディーラー応募しました

2015.02.13 Fri

活動実績がないので通るかわかりませんが、応募しました。

ドレスセットを作るつもり。
私は型紙本が好きなので、ドレスセット自体の販売じゃなく
ドレスセットの型紙本を作るかも。
いずれにしてもドレスセットを完成させないとね。
写真は型紙試作中のためパイピングを省いてあるけれど
だいたいこんな感じのイメージで進めています。
スカートで足が隠れて写真を撮るのが難しい。
実物を見ると丈はこのくらいでいいかなって感じなんですけど。
ビスチェ、スカート、ジャケット、ボンネ、パニエの5点セットです。

20150213momok

先日のWF合わせにドールハウス風の展示台を友人に作ったら「売れるよ!」なんて言われたので
調子に乗って6/1ドールハウスも売るかもしれませんw

そんなわけで夏まではこのイベントのために作業します。
よろしくお願いします。

更新が滞っていましたが

2015.02.12 Thu

またぼちぼち更新したいと思っています。

気がついたら年が明けてたどころかもう2月でWFも終わりました。
とりあえず今年の予定および近状報告。

金魚は昨年の寒い時期に死なせてしまいました。
金魚カテゴリーは消すかも…
自分の不手際だったので悲しくなります。
エバーグリーンは良かったですよ。私が病気の対処を間違えました。

原型は全然進んでいなくて人形服作りにはまっています。
8月のmomokoお買い物大作戦3に応募しようかと。
オンリーイベントが好きなんですよねー

夏のWFはお休みです。
冬のWF合わせで作りかけを完成させたいけどまあ、夏を乗り切ってから考えます。

まあそんな感じで今年もよろしくお願いします。
お買い物代作戦3合わせの作品をアップしていく予定です。

金魚一周年

2014.08.18 Mon

201408金魚水槽全景

思えば昨年のうっかり金魚すくいが全ての発端でした。
おかげさまで金魚2匹は元気に暮らしており水槽も順調です。

本当は7月が6ヶ月に一度の掃除予定日だったのですが
ずれ込んで8月14日に掃除しました。
ザクザクと薄茶色のゴミを吸い取り1/3ほど水を入れ替え
還元バクテリア1ccとインフゾリアの素スプーン1/2を入れて完了。

暑さにやられたのかナナの葉先が黄色く痛んでいたものがあったので
水草も整理しました。

底面濾過は順調でダクト内に黒ヒゲがある以外はコケもなくきれいなものです。
最初からこうしてれば昨年の最初の子赤も生きていたかもしれないですね・・・

■今年一年で学んだこと

・底面濾過は楽ちんで最高。
エバーグリーンさんありがとう。

・金魚は本当にエビを食べるので一緒に飼ってはいけない。
(書きそびれていましたがエビは金魚に食べられてしまいました。
最初の一匹を食べて味をしめてからはあっというまに・・・)

・水草も水を汚す
(特に底面濾過は物理的にゴミを収集する方法ではないので
モスがバラバラしてしまうと吹き溜まりが淀んで大変)

・水槽は定員厳守
(エビがいなくなってからコケが消えたことを考えると
コケ対策要員として入れていたエビにより水槽のキャパ超え→コケ
の悪循環に陥っていた可能性が。
うちの定員は金魚2匹に貝少々程度なのでしょう。)

次の掃除は来年の2月の予定です。
私みたいに楽なの大歓迎な人にはいいけど
趣味として魚のお世話を楽しみたい人には
底面濾過はやることなさ過ぎてつまらないかも知れないですね。

エビ飛び出し防止網

2014.02.13 Thu

エビを追加で購入していくらも経っていないのに
確認できているだけでもう3匹も死んでしまいました。
やはり何か飛び出し対策が必要
しかしエバーグリーンではガラス蓋はしないように言っているしなあ…
というわけでエビ飛び出し防止網を作りました。

エビ飛び出し防止網

100均のワイヤーネット(50.9×25.7cm)にモス活着用に買っていたネットを張りました。
うちの水槽は450×300なのでちょっと隙間があるけど
使用感は概ね良好。
これでエビの飛び出し問題も一安心です。

しかし未だにナナのコケがきれいにならないのは
どういうことなんでしょうねえ…

2014[冬] - ワンダーフェスティバル 欠席します

2014.02.07 Fri

というわけで、参加する皆様楽しんできて下さい。

イベントに行って沢山の作品を見ると自分もすごく作りたくなるので
新作の進捗が芳しくない私は行ったほうがいいのですが
残念ながら行けないので家でHULU観てます。

底面濾過4ヶ月目にして水替え

2014.01.30 Thu

水替えをしました。
6ヶ月までしなくて良いとのことだったので、そのつもりだったのですが
働かないエビについて調べていたら
どうもエビのアジトでみんなじーっとしてたりというのは
エビの体調が良くない時の行動で
第一に水質の問題が疑われるらしい。
じゃあ、水替えでもしようかな。ヒマだし。という次第。

今回の水替えもエバーグリーン方式に従います。

まず、前提として立ち上げから2ヶ月は底砂をいじってはいけないらしい。
うちは4ヶ月経過しているのでこの点は大丈夫。

2ヶ月以降6ヶ月未満に関しては
まあ、水替え大好きならやってもいいけど、
プロホースで底砂を掃除しようとしても
白っぽい粒状or綿状のもの(曰くインフゾリアが活発に活動している証拠)
が吸い出されるだけなのでそれは吸っちゃダメ。
底砂は吸わずに上水だけ替えるようにって感じらしい。

エアーダクトから遠い場所から始めるように指示されているので
そのようにしたところ
確かに白い粉が出てきました。
なるほどこれが6ヶ月未満のあれかと思っていると
エアーダクトに近い箇所からは薄茶色のものが吸い出されるではありませんか。

これは毒抜き交換すべきアレですね!
こうなると俄然楽しくなってきます。
プロホースでの掃除は結構面白いので。
交換する水量は1/3程度に留めておきましたが
あちこち挿した印象では
流木などが長期間置いてあった箇所から薄茶色のものが出てきた印象。
確かにそういう箇所は千切れた水草なんかが
吹き溜まりますので汚れるのかもしれない。
レイアウトいじっただけでもなんか粉塵?が舞いますし…

そんなわけで、4ヶ月ですが底砂は汚れていました。
薄茶色程度の汚れの場合は部分的な掃除と上水交換らしいのですが
部分的って難しいですね…
挿したら汚れが出るから取りたくなっちゃう…
ともあれ掃除したことで水質が改善してエビが働くようになると良いのですが。
1/3の汚水を捨てた後は
温度をあわせた水道水を減った分足しました。

今、この文章を書いていて
水替え時に入れるべき還元バクテリアとインフゾリアの素を入れていないのに気づきましたので
還元バクテリア1ccとインフゾリアの素スプーン1/2を入れてきました。

今回の水替えは突発的だったのでほんと計画性がなかった…
当日の朝、金魚に餌あげちゃってたし。
今回の水替えが金魚とエビに負担になっていないことを祈ります。

エビを追加

2014.01.29 Wed

底面濾過って素晴らしいですね!
現在エバーグリーン方式で4ヶ月ですが本当に週一で
あやしい粉を入れるのと足し水しかしてません。
まあちょっとコケが出てますけど
あまり水槽管理に労力を避けない事情があるのでとても助かっています。
エバグリ万歳!

しかし手間がかからないとなると
それはそれでちょっと弄りたくなるのが人の性。
コケも出てるしヤマトヌマエビでも追加するか~と10匹ほど購入しました。
勿論、エビの追加の仕方もエバーグリーン式でやってみます。

到着時の輸送水の水温が23℃より高いか低いかで対応が違うらしい。
今回は冬季(23℃以下)のやり方に従います。
以下、実行した内容。

1)輸送水ごとエビを容器に移し10分エアレーション
2)容器に飼育予定の水槽から500cc加え2分エアレーション
3)再び容器に飼育予定の水槽から500cc加え10分エアレーション
4)エビだけを飼育水槽にポチャポチャ

輸送水は一袋につき1000cc入っている事を想定した作業工程のようですが
私はどのくらい水が入っているのか計らず行っちゃいました。
そこまで深く考えてなかった。2000か3000くらいあったかも。
まあ現時点でみんな元気だからいいか。
2月28日に作業して29日現在死亡なしです。

エバーグリーンHPによると水槽に入れた直後に泳ぎ回るのは
ショックを受けているのであって良くない兆候とのことでしたが
確かに泳ぎ回ることもなく底へ着くなりツマツマしてました。

おそらく魚のいない水槽で育ったであろう追加のエビ達は
金魚を恐れもしないで開けた場所でツマツマするものですから
金魚に食べられそうになって
(実際に口に入るサイズなのかは疑問ですが…金魚ってなんでも口に入れようとする)
慌てふためいて逃げ惑っているので
勢い余って飛び出しやしないかとそっちの方が心配…

一日経った今はさすがに学習したらしく
すっかり物陰にこもりきりです。
ちゃんと仕事してくれるといいのですが。

あけましておめでとうございます。

2014.01.01 Wed

雑事に追われているうちにあっという間に年が明けてしまいました。
毎年、新年には今年こそちゃんと活動しよう!と思うのですが
なかなか実現できないので
今年は現実を受け入れようと思います。

まあ、多分、新作が出るかもあやしいですが
楽しみとして原型は細々と作り続ける予定です。
これは間違いない。
やめろと言われてもやめないし。

最近は作業部屋が寒いので専ら居間でできる洋裁ばかりしています。
さすがに理解のある家族を持つ私でも
居間で溶剤を扱ったり粉塵を撒き散らしたりはできません。
ジェニーちゃんやリカちゃんの服を作っていますが
なかなか難しくてハマりますね…
すぐ立ち寄れるような距離にユザワヤがあったら最高なんだけどなあ!
人の作品を見たいのでいずれ人形服を扱うイベントにも行ってみたいです。

金魚は水温が低いので活動的ではないですが
2匹は元気にやっています。
エビも貝も仕事をさぼりぎみなので
水槽にはコケが目立ち始めました。
水温が上がってきたらエビを追加で入れようかなあ。
シダ類も金魚が食いちぎっているので
水草はナナを追加予定です。

では今年もよろしくお願いします。

アイアン君が死んでしまいました

2013.10.15 Tue

11日にアイアン君が死んでしまいました。
原因はよくわからない。
ただ弱ってしまったとしか…

他の金魚から離れて一匹で物陰にいることが多く
最初からそんな様子だったのでそういう性格というか、個性なのだと思っていたけれど
今にして思えばずっと調子が悪かったのかもしれない。
エサは食べていたし体表に異常もなかったが
11日は底にじっとして明らかに様子がおかしかったので
塩水浴をさせてみたけれど夜には死んでしまいました。
塩水浴させるならさせるで遅すぎたのかもしれない。
移す時点でもう全く元気がなかった。

他の2匹は元気いっぱいなので水質や水温が原因ではないと思う。
追われたりつつかれたりはしていなかったようだけど
一匹だけ体が小さかったので
ストレスが多かったのかなあ…

エバーグリーン水槽一ヶ月

2013.10.03 Thu

20131003水槽一ヶ月


モスが完全に食い荒らされて見苦しかったので取り出しました。

エバーグリーン水槽開始からほぼ一ヶ月。
4~5回足し水(一回につき1リットル)したのみで
あとは金魚の餌と週一のインフゾリアの素とスーパーカリウムを規定量
入れる程度の世話しかしてませんが水槽はきれいなもんです。
金魚も元気。
エビは1匹脱走して現在2匹になってしまいましたが。

ダクトのL字の部分にコケが見られますが
ここは貝も入れないし仕方ないかなあ。
他は水草にコケがつくくらいで定期的に貝が巡回して食べてくれます。
モスが伸びなかったのは栄養が足りなかったのかもしれない。
モスモサモサレイアウトには憧れますが、今の環境ではまたモスを入れても無理だと思われます。
おやつと割り切ってそのうちまた購入するかも。

現時点の感想としては
とにかく手間がかからずきれいを維持できるのでやってよかった!
水槽を広くしたのも結果的には良かったです。
コメットの泳ぐ速度が違う。
もっと大きな水槽に替えたくなるなあ~

ヤマトヌマエビの溜め込み疑惑

2013.09.14 Sat

ミクロソリウムを括り付けている流木の下に
何やらモヤモヤしたものが見えるので不思議に思って取り出してみたところ
南米モスが沢山下敷きになっていた。
なぜだろう?
水流の吹き溜まりみたいになっていたんだろうか。
他の水草の葉は見当たらないところをみると
ヤマトヌマエビが溜め込んでいるのかもしれない。
とりあえず流木や石の位置を少し変えて様子を見ることに。

今日で水槽設置から一週間。
この溜め込まれたモヤモヤの水カビ疑惑以外は特に問題なし。

ハイグロフィラ ポリスペルマは根も伸びて見るからに調子が良さそうだが
南米モスとマツモは色がくすんでおり調子が悪そう。
30cmキューブの時から活着させようと縛ってあるモスは相変わらず
枯れてこそいないものの伸びる気配はなく瀕死。

うちの金魚ちゃん

2013.09.12 Thu

特に名前はつけていなくて、3匹まとめて金魚ちゃんと呼んでいるのだけれど
必要な時は便宜上、更紗、キャリコ、アイアンと区別します。

■更紗
201309更紗

体長7cmくらい。
いかにもコメットといった感じ。
エサをあげない時でも一番最後までエサをねだってくるが
きなこは好きでないらしく
きなこをあげると他の2匹は大興奮なのに一匹だけテンション低い。


■キャリコ
201309キャリコ

体長7cmくらい。
コメットの色柄について検索してもキャリコってあまり引っかからないような。
和金体型長尾でまだらの柄は大抵、朱文金の画像だし。
しかしこれはコメットとして購入したのでコメットなのだと思う。
見る人が見れば朱文金との違いがわかるのかも。
尾の端がねじれる様に内巻きになっており
コメットのあるべき姿からするとハネ対象なのだろうけど
可愛らしくて気に入っている。


■アイアン
201309アイアン

体長5cmくらい。
他のより一回り小さいが特に問題ない。
3匹セットで購入したので所謂アイアンコメットと呼ばれるものなのかは不明。
アイアンと呼ぶにはマットな質感で鮒って感じ。


マツモ、カボンバ、過去にはアナカリスもおやつとして水槽に入れているが
マツモを食べているくらいで
カボンバ、アナカリスは手付かずなのであまり好きではない様子。
巨大化を恐れてエサは標準より少ないと思うのだけど
マツモも凄く食べられているというわけでもないので足りてるのかなあ。

どうも沈下性のエサで育ったらしく
うちに来た当初は浮遊性のエサになかなか気づけずにいたようだが
最近は食べるのも上手になり
食べ終わるまでのタイムを毎日更新している。

朝のエサをあげる時間と、エサをあげる時に手を叩いて合図した時の
興奮具合はすごいけれど
午後はエサをくれないと理解しているらしく
水槽に近づくと寄ってはくるけどそんなに興奮もせず
また思い思いに散っていく。
最初は魚は喜んでいるのか嫌がっているのかわからないと思っていたけど
(今もわからないが)
色々わかっているんだなあと感心する。

同居のエビを襲ったりはしていないようだが
エビは金魚が怖いらしくすっかり影を潜めてしまい仕事をしていない。

金魚はじめました

2013.09.11 Wed

最近、作業部屋の模様替えなどもあり全く作品が進んでいないので
目下私の悩み事である金魚のことを書きます。

まあよくあるパターンで安易に夏祭りで金魚すくいをしてしまった為に
金魚を飼うことになってしまい
変にネットで知識を仕入れてしまったせいで苔取り要員のエビと貝を購入し
当の金魚は一ヶ月くらいで死なせてしまったがエビと貝がいるので水槽をやめるにやめられず
それならばと通販で金魚を購入→予想より大きな金魚が届き水槽が狭い→大きな水槽購入と
最初は300円から始まったものがいつの間にか
5桁の出費に至ってしまったという頭の痛い話であります。

しかも水質の管理はうまくいかず
どうしたらいいのかとネットで調べたらアクアリウム界では諸説飛び交っており
結局何をどうしたらいいのか素人は混乱するばかり。

仕方がないので初心者らしく一から十まで先生の言う通りにしてみよう。
というわけで決めたのがEverGreen方式であります。

■AQUA SHOP EverGreen(エバーグリーン)

これに従うと管理が楽で、生き物が長生きできる環境を作ることができるらしい。
具体的には立ち上げから6ヶ月は水換えなしで、その後も6ヶ月に一度の水換えで大丈夫という
水槽管理が負担になってきていた私からすると夢のような話である。

とはいえ前述のように諸説飛び交うアクアリウム界では当然
本当かよみたいな意見も散見され迷ったのだけれど
実現したらラッキーだしというわけでやってみました。
私を含む、本当なの?実際やってみた人どうなのよ~という方の参考になれば幸いです。

ただし、これはあくまでHPの記述を参考に私がやったことの記録なので
実際にやってみたい方は上記URLのHPを参照して実行してくださいね。

201319金魚水槽全景410


■水槽スペック
水槽:45×30×30cm(容量:40.5ℓ)
濾過:ニッソー バイオフィルター30(エアリフト式底面濾過)
エアーポンプ:水心 SSPP3S(最大排出量 毎分2500cc)
照明:家にあった卓上スタンド(FDL27EX-N 昼白色 BB・2 Doubleコンパクト形蛍光灯)
底砂:大磯砂 スーパープレムアム粒子(6cm厚、15kg)
実質水量:25ℓ
生体:コメット3匹(体長7cm×2、5cm×1)
   ヤマトヌマエビ3匹(3cm)
   サザエ石巻貝3匹(1cm)
水草:ミクロソリウム プテロプス
   ミクロソリウム プテロプス ナロー
   ミクロソリウム ウェンディロフ
   アヌビアス ナナ
   ウィローモス
   南米ウィローモス
   マツモ
   カボンバカロリニアーナ
   ハイグロフィラ ポリスペルマ
   (全て流木か石かマルチリングに植えており直植えのものはなし)
生体のエサ:キョーリン ちいさな金魚のエサ 浮遊性
      (午前中に少量を1回、たまに追加できなこ)


1)引越し前の30cmキューブ水槽から飼育水ごと生体、水草を全て避難させエアレーション。

2)45cm水槽を粗塩で洗い
 (これは他のサイトで仕入れた知識でオクラの板ずりみたいなものかなと思っています。
 スポンジだけでは心許なかったので…)
 水槽用マットを敷いて設置。

3)バイオフィルター30を設置。
 ダクト内のパイプを1/2にカットするという記述があるのですが
 改造はちょっと私には敷居が高い感じがして今回はカットしないまま設置。
 立ち上げダクトから一番遠い水槽の隅までが、50cm以内になることが理想らしいので
 この水槽ではどの位置でも大丈夫。
 中央よりやや左に設置しました。

4)大磯砂を米を研ぐ要領で洗い水槽に敷く。
 15kgで6cm厚になるという話でしたが7cm近くになる…
 手で押さえながら敷くようだが、押さえが足らなかったのかもしれない、
 3日もすると砂の隙間が狭くなってくるという記述もあるので15kg全て敷いて様子を見ることにする。

5)砂が掘れないように砂の上に皿を置き、そこに水
 (カルキ抜きはしていない水道水、うちは浄水器が設置してある)を注ぐ。
 測りながら入れたところ25ℓ。
 水槽の淵までの余裕は4cm程。
 立ち上げダクトの高さは水面より上のような記述もあるし
 水面下の写真もあるようだしで迷いましたが現時点では水面より1cm上から落水するように設置。
 水槽の深さが30cm以下なら、毎分=1.5ℓの記述に従い
 エアーポンプの出力を水が30秒あたり0.8ℓより少し少ないくらいに調整。

6)水槽の水を一部取り、粗塩(天塩)を40gを溶かした上で注ぐ。
 バクテリアの立ち上がりを良くするために塩に含まれるマグネシウムで
 GHを4~5へ上げるのが狙いらしい。
 試薬がないためGHは確認しなかったが指示されているものと同じ商品
 (天塩、100gあたりマグネシウム55mg)を同程度の濃度
 (600×300×360水槽、容量64.8ℓに対し50~70g)
 で入れたのでまあいいかなと。

7)水の温度が28℃(22℃以上30℃未満)であることを確認し
 還元バクテリアを5cc、インフゾリアの素を付属スプーン1/2、
 スーパーカリウムを2滴入れる。

8)水草を入れてレイアウト。
 この時点で水の濁りはほとんどない。
 家人が余程丁寧に砂を洗ってくれたようだ。
 
9)エアーポンプを動かし濾過を始める。

10)避難している金魚の飼育水も28℃のため、セット直後だけどもう金魚、エビ、貝を入れる。
 水温を確認しただけで水合わせはしない。
 エビも特に暴れる様子はなくすぐに水草の隙間に隠れ金魚にも変わった様子はなし。

時間は既に深夜だったのでそのまま寝ましたが翌日も変わった様子はなく
少量エサを与えたが食いつきも良い。
水もクリア。

写真は3日目の時点のもので現在5日目です。
2日目は若干水に不透明感がありましたが現在は金魚も元気で水もきれい。

また追加でレポートします。

ワンダーフェスティバル2013[夏]お休みします

2013.07.20 Sat

報告がおそくなりましたが、ワンダーフェスティバル2013[夏]はお休みします。

申請予定だったハイシャルタットも仮申請はしましたが本申請はしませんでした。
出すのは次の次か…ちょっと未定です。
申請写真を撮れる程度にはできているので早くお披露目したいなあ。

↓こんなイメージで作ってます。
20130720ハイシャルタットイメージ


では、皆様よいWFを。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。